看護師の転職理由 は・・・?

看護師の転職理由 は・・・?

ある人材支援会社の取ったアンケートで、看護師の転職理由を尋ねたところ、第一位は「お給料」でした。
お給料が理由、となるのは何も看護師だけではないですが、その実態はどうなっているのでしょうか。

転職を考えている看護師

看護師の場合ですが、サラリーマンに比べ、転職がしやすく、また、給料もアップしやすい、と言えるでしょう。
なぜなら、看護師は資格職であること、市場価値が高いこと、が上げられると思います。
そういう背景もあり、看護師にとっての関心ごとがサラリーマンの転職理由の上位である、「人間関係」を
上回っての「お給料」になっています。

実際、看護師がお給料をアップさせる方法を挙げていきたいと思います。

1、今の職場で出世する

看護師の出世コースは、
主任看護師→看護師長→看護部長の順で用意されています。

現在の職場の環境、人間関係に満足されている方は、こちらを目指すのがよいでしょう。

2、給料の高い転職先を探す

これは、看護師だけでなく、どの業種でも当たり前のこととなりますよね。
看護師の場合の給料水準の上がり方の特徴として、勤続年数3~5年の経験を積んでいることが
一つの目安となります。
看護師の年収は、若いうちは上がる余地が大きく、年齢と共になだらかになっていく傾向が
あるので、年齢を考慮して転職することが必要とされてきます。

3、給料の高い職種に的を絞る

例えば、夜勤専従看護師や企業看護師、美容外科看護師といった職種が時間的単価の高い
お仕事として挙げられます。
ただ、それぞれに難点があり、夜勤専従看護師は体に負担がかかること、
企業看護師は、求人自体が少ないこと、
美容外科看護師は、よい容姿が求められ、条件的に厳しいです。
また、常勤でない雇用形態が多いので、年収として考えると、反対に大きく稼げない可能性も
出てきます。

その他にも、認定看護師も専門看護師も国が認めた公的な資格を取って、キャリアアップを
図る方法があります。

どの職種もそうですが、メリット、デメリットを考慮し、着実な給料アップを目指して頂きたいです。

 

「転職までの流れ」はこちら

OKサインを出している女性

看護師カテゴリの最新記事

Translate »