ホームヘルパーとは ?——訪問介護員

ホームヘルパーとは ?——訪問介護員

ホームヘルパーとは ホームヘルパーとは (訪問介護員)。

昨今、高齢化社会問題が加速し、それに伴って、自宅で介護を必要としながら生活する方が増えています。

その、介護を必要としている方々のご自宅に訪問し、ご自宅での療養生活や介護生活を支えるサービスです。

その仕事内容としていは、

1、身体介護

排泄介助・着替え介助・入浴介助・食事介助など、直接身体に触れての介助と、それに伴う準備、片づけがあります。

その他、利用者の心身の状態に応じて、吸引、点滴、カテーテル管理など、治療促進のための看護を行います。

2、生活援助

買い物・薬の受け取り・衣類の整理・布団ほしなど、直接身体に触れない範囲での身の回りのお世話になります。

そのため、「生活援助での調理」では、食事介助はしません。

3、通院等乗降介助

病院等へ出かける際の車への乗り降りの介助となります。

 

 

ホームヘルパーとして働くには、資格が必要です。介護資格は、3カ月ほどで取れる、比較的取りやすいものと、

取得するのに難易度が高い、国家資格まで様々あります。

訪問看護を行うのは、看護師を初めとし、保健師、助産師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士などがあげられます。

 

 

介護カテゴリの最新記事

Translate »