介護の資格 について ~介護職員初任者研修

介護の資格 について ~介護職員初任者研修

介護士さんの笑顔

年々、高齢化社会が進むにつれて、介護職の需要が増えていく一方です。ですが、常に人手不足に悩まされているのも介護職です。

介護の資格 には、大きく分けると、掃除、料理、洗濯など、生活面での援助を行う、「生活援助」と、

実際に利用者の身体に触れて、食事介助、入浴介助、排泄介助などを行う、「身体介護」があります。

この、「身体介護」を行うためには、資格が必要となってきます。

資格を取って働きたい、という方のために、今日は介護職の資格についてご紹介したいと思います。

介護職員初任者研修

「介護職員初任者研修」は、2013年に「ホームヘルパー2級」から名称が変わりました。

介護職員初任者研修は、厚生労働省認定の公的資格で、介護の基礎知識、入門的な資格として位置づけられています。

民間団体や公益法人が運営する講座を修了し、全課程を修了して試験に合格することで、資格取得することができます。

講座は、「講義」と「演習」で構成されています。

「講義」・・・・介護の基礎的な知識を学ぶ

「演習」・・・・実技を通して実際の介護技術を修得する

講座を実施している代表的な団体

ニチイ、ベネッセスタイルケア、ケアワークアカデミー、三幸福祉カレッジなど

受講資格

受講に必要な資格は特にないため、介護初心者にお勧めです。

費用

おおむね、50,000~90,000円程度が相場です。

 

「看護・介護」はこちらです。

看護師介護士

介護カテゴリの最新記事

Translate »