介護の資格について ~ ケアマネジャー(介護支援専門員)

介護の資格について ~   ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、介護サービスを必要としている方のニーズを把握した上で、介護を必要とする方が、介護保険サービスを受けられるように、ケアプランの作成や、サービス事業者との調整を行う専門家のことを言います。

講座を実施している代表的な団体

ニチイ、三幸福祉カレッジ、ヒューマンアカデミー、ユーキャンなど

国家試験の受験資格

介護支援専門員実務研修受講試験には3種類の受験資格があります。

1、医師・歯科医師・看護師・保健師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士などの資格を持ち、その上で実務経験が5年以上であること。

2、生活相談員・支援相談員・相談支援専門員などの相談業務に従事していて、その実務経験が5年以上であること。

3、特別養護老人ホーム・在宅介護サービス業などでの実務経験が5~10年以上であること。(ただし、この条件の適用期限は2017(平成29)年度の試験までとされています。)

費用相場

対策講座には通信講座と通学講座があり、費用に幅がありますが、20,000円~60,000円程度が相場です。

(これに、各都道府県で定められている試験の受験手数料(7,000円~9,200円程度)が加わります。)

 

「介護の資格について ~ 介護福祉士」はこちら

介護カテゴリの最新記事

Translate »