介護の資格について ~ 認定介護福祉士

介護の資格について ~  認定介護福祉士

 認定介護福祉士 とは

看護師の資格05

『一般社団法人 認定介護福祉士認証・認定機構』が2015年12月から認証・認定を開始した民間資格です。

介護現場のトップリーダーとして活躍することを期待された資格で、看護チーム、リハビリチーム、ソーシャルワーカーチームなど、他職間のコミュニケーションや連携を図る、中核的役割が求められます。

取得要件

認定介護福祉士を取得するには、以下の条件をが必要となります。

一定の実務経験を積む(5年以上)

認定介護福祉士の養成研修600時間の講義を受講

試験に合格、もしくはレポート提出

また、認定介護福祉士養成研修は科目ごとにスケジュールが組まれていて、3ヶ月で必ず修了できるというものではありません。最短でも、1年以上はかかるのが現状です。

認定介護福祉士の養成研修について

認定介護福祉士養成研修Ⅰ類【計:345時間】

認定介護福祉士養成研修導入
医療に関する領域
リハビリテーションに関する領域
福祉用具と住環境に関する領域
認知症に関する領域
心理・社会的支援の領域
生活支援・介護過程に関する領域

認定介護福祉士養成研修Ⅱ類【計:255時間】

医療に関する領域
心理・社会的支援の領域
マネジメントに関する領域
自立に向けた介護実践の指導領域

費用養成研修の受講方法に関して現時点では具体的に提示されていませんが、通信講座を主体とし、研修実施団体が定められる模様です。

「介護の資格について ~ ケアマネジャー(介護支援専門員)」はこちら

 

介護カテゴリの最新記事

Translate »