働くシニアの実態調査 働く理由の第一位は?

働くシニアの実態調査 働く理由の第一位は?

 

2017年、「働くシニアの仕事と生活に関する実態調査」を発表しました。
対象となるのは、60~79歳の働くシニアです。

平均的な1日の労働時間は・・・?

8時間(33.8%)
7時間(14.9%)
6時間(11.2%)
5時間(10.2%)
9時間(8.6%)
4時間(8.1%)

となっており、平均は6.3時間となっております。

現在の平均的な1カ月の個人収入は・・・?

5万円~10万円未満(23.8%)
10万円~15万円未満(15.2%)
15万円~20万円未満(14.2%)

となっており、平均金額は、22.1万円です。

目標としている1カ月の個人収入は・・・?

5万円~10万円未満(20.9%)
20万円~30万円未満(17.1%)
15万円~20万円未満(13.6%)

で、平均金額は28.4万円です。

現在、働いている理由は・・・?

日々の生活費のため56.4%)
社会や人との接点のため(45.6%)
健康維持のため(44.1%)
今後の生活費のため(43.8%)
生活にハリがほしいため(35.0%)

となっており、生活費のために働いていらっしゃる方が最も多いようでした。

小売業やサービス業は人手不足に見舞われているため、健康であれば70歳を過ぎて採用
してくれる職場が増えてきています。

介護の職場でも人手不足が深刻です。

もし、資格がない方でも働ける仕事がありますので、「介護の仕事をやってみたい」と
いう方がおられましたら、是非、経験豊富な「千葉求人転職センター」のスタッフのお話を
聞いてみてください。

その他の記事はこちら

シニアの求人

シニアカテゴリの最新記事

Translate »