シニアの就職

シニアの就職 需要が高まっています。

シニアの求人
人手不足が深刻化する中、今、各企業がシニア世代に熱い視線を注いでいます。「80歳定年制度」を導入する企業も現れるなど、高齢者を積極的に雇用する動きが全国各地で広がっているのです。日銀短観で人手不足感が25年ぶりの水準まで高まり、今後ますます必要とされるシニア世代の活用について考えます。 (経済部記者 小田島拓也 甲木智和/札幌放送局記者 川瀬直子) 引用:https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2017_1226.html

雇用年齢の上限が70歳から75歳へ

 

2016年平均の有効求人倍率は1.36倍に上昇。7年連続の上昇で、1991年以来25年ぶりの高水準となった。深刻な人手不足の中、シニア層の雇用も拡大している。
小売業やサービス業などでは、すでに人手不足に見舞われ、健康であれば70歳を過ぎても採用してくれる職場が数多くある。

スーパーマーケットチェーンのマルエツでは、2015年2月期から従業員の年齢上限を5歳引き上げ70歳に。

現在、65歳以上の従業員は1300人に増加し、店舗で働くパートなどの従業員全体の6%強を占めている。同業のスーパー、サミットでは昨年12月に、雇用年齢の上限を70歳から、後期高齢者に入る年齢である75歳に引き上げた

労働市場では55歳以上を「シニア」(ハローワークなど)と呼んでおり、2013年の改正高齢者雇用安定法でも希望者全員の65歳までの継続雇用を企業に義務づけた。だが、その上限はさらに広がりつつある。

日本企業にはこれまで、高齢者を積極採用する風土はなかった。だが、折からの人手不足と、高齢者の活用を掲げる政府の成長戦略をきっかけに、風向きが変わった。

(引用 yahooニュース :https://news.yahoo.co.jp/feature/584)

シニアのお仕事の一例をご紹介します。

・介護のお仕事もご紹介させて頂きます。資格がない方でも、ご相談ください。

介護職員の需要推計を最新の統計データを基に試算したところ、2035年時点で69万人不足する見込みです。
更に、「一億総活躍社会。介護離職ゼロ」を実現しようとすると、本来、家族で行う介護を、介護サービスで代替する必要があるため、更に介護人材需要が増加し、2035年時点でその数は、79万人の介護職員不足が見込まれます。

介護職の資格がない方でも、お仕事をしていただけるものがありますので、ご興味のある方はぜひ、お問い合わせください。

「看護・介護」については、こちら

その他の職業:

・セレモニーレディ

・コールセンター

・事務

・販売スタッフ

・営業・企画営業

・経理

・倉庫管理

・製造

 

 

「セレモニーレディ」については、こちら

Translate »